投資で失敗しないプロの投資術

プロの投資家というのは、どのような状況であっても必ず利益を出すということはありません。
一回ごとのトレードだけで見れば、普通の投資家と変わらず勝ったり負けたりを繰り返しています。
それでもプロとしてやっていくことができるのは、損益のバランスが良いためです。

プロは利益をできるだけ伸ばし、損が出た時には素早く損失を確定させます。
一般の投資家が失敗してしまう理由というのは、利益が出ている時には早めに利食いをしてしまい損失が出ている時には損切りを遅くなってしまうので勝率が50パーセントであっても損失のほうが上回ってしまうことになるのです。
それに対してプロというのは利益を伸ばすことができるところは、ぎりぎりまで引っ張り大きな利益を手にします。
逆方向に動いた時には早めに損切りをすることで損失を最小限に抑えることができるので、損益のバランスが良くトータルで収支がプラスになるのです。

もちろん、相場分析などすぐれた能力があるのには違いありませんが、リスク管理が徹底している部分がプロの投資術となるのです。
仕組みだけを聞けば非常に単純な話だと思うかもしれませんが、投資で利益を出すというのはこれが全てとなります。
どれだけ勝率が高くても一度の負けですべての利益を失ってしまうようなやり方は、利益が出ている時も潜在的な損失が表面化していないだけだと言えます。
逆に勝率が低くても損失を最小限に抑え一度に多くの利益を手にすることができればプラスになることができます。
一般の投資家は目先の勝敗だけにこだわってその取引がトータルで見てプラスになるかマイナスになるかを甘く考えてしまいがちですが、プロの場合にはその取引をしてトータルでプラスになるかどうかを考えているのです。